Mのハッピーダイアリー - 幸せな毎日をつづります!

ビジネスダイアリー

2019年5月17日

タクシードライバー転職が増えています

どこに転職しようか、今までオフィスワークをしてきたが、ちょっと違う職種にもチャレンジしてみたい、そんな気持ちになるかもしれません。とはいえ特別な資格や経験を持っているわけではなく、1から新しいことを学んでいかないとという状況を考えると、なかなか厳しい状況であると思うのではないでしょうか。そうであれば、タクシーへの転職はどうでしょうか。とりあえず普通自動車免許を持っているのであれば、その資格を活かすことができます。

とはいえタクシーの場合には2種免許が必要になりますので、それは取得しなければなりませんが、タクシー会社がその取得のためのサポートをしてくれるので、その面ではそれほど心配する必要はありません。安定した収入、休みを取れること、そしてあまりストレスがないということで、タクシードライバーへの転職を考える人が増えています。

出会いダイアリー

2019年5月16日

アラサーの私が経験した最高の出会い

私は30代前半、いわゆるアラサーの独身男性です。定職には就いているものの、彼女もおらず、実家暮らしで、休みの日はパチンコに明け暮れ、女性との出会いは全くなく、乾いた人生を送っていました。ある日寝る前にスマホをいじっていると、指が当たって出会い系アプリのページへジャンプしてしまいました。そのトップページの女の子の写真が可愛かったのもあり、ついついサイト内へ入っていってしまいました。そんな子がいるはずもないのは重々分かっていたはずでしたが、募集している女の子がみんな可愛い子ばかりだったので、無料期間だけ…と登録してみると、すぐに数件メールが届いたのにはびっくりしました。その中からタイプの子を選び、数回メールのやりとりをすると、逢う約束をするまでにそう時間はかかりませんでした。約束の日、緊張しながら待ち合わせ場所に向かうと、写真と同じ子が本当に来ていて、1日楽しいデートをして過ごすことが出来ました。お互い気が合い今では交際をスタートして、毎週末のデートが楽しみで仕方ありません。

ビジネスダイアリー

2019年5月13日

タクシーはたしかに便利な乗り物ですが

タクシーは便利な乗り物ですよね。バスや電車が動いていない時間なら尚更便利な乗り物です。そしてバスや電車が動いている時間帯だって体の不自由な人にとっては頼みの綱。自宅まで来てくれるバスも電車もないのだから。

もっとタクシー料金が安くなったら良いですね。体が不自由な方々は医療費にたくさんのお金がかかっている状態です。生活がぎりぎりの家庭も少なくないのだからタクシー料金は下げてもいいんじゃないのかなと思います。

タクシー会社が増えてタクシー乗務員に転職する人が増えると料金も変わるかもしれませんね。とりあえず体が不自由で通院や薬にお金がたくさんかかってしまう人は、3割引くらいで乗れるようになると良いと思います。

タクシー業界ももっと競争してタクシー料金を引き下げるべきだとこの頃思いますよ。だんだんお年寄りが増えていきますからね・・・。

ビジネスダイアリー

2019年5月4日

広大な砂浜を見に行ってきました

今日は、ちょっと前のことですが、西日本のとある海岸まで一人旅をした時の話をしたいと思います。
その海岸はとても広く、起伏に富んだ砂浜になっているんですが、その砂がとてもきれいなことでよく知られている、まあ、いわゆる有名観光スポットですね。
JRの最寄り駅からその海岸までは徒歩、もしくはタクシーで行くことになるのですが、歩くと50分くらいかかってしまうのです。
だから、当然タクシーを探したのですが、その時は全然捕まりませんでした。
しょうがないので徒歩でゆっくりと行くことにしました。
ただ、途中でタクシー運転手の求人のポスターを見かけたので、そこにのっているタクシー会社の電話番号に連絡して、タクシーを呼びました。なんだかんだ、歩きだと遠すぎましたね。
すぐにタクシーが来てくれて、10分ほど乗ったら海岸に着きました。目の前に、日本の景色とは思えない、砂漠のような光景が広がっていました。
その広さ、砂の美しさに驚き、心躍りましたね。あれは見たこともない大パノラマでしたね。
そのまま、ぼーっとその砂浜を眺めていました。
なんだかんだ、最高の瞬間でしたね。自然って凄いです。

ビジネスダイアリー

2019年5月1日

就職とは要するにスキルになります

就職における最大のポイントというのは自分のスキルをどのように生かすことができるのかということに尽きると言っても過言ではなく、それによってだいぶ良し悪しというのが違ってくることになります。どのくらいの給料をもらうことができるのかということは確実に確認しておきたいところであると言えるでしょうし、キャリアプランなども含めてそれなりに考えなければならないということになりますのでしっかりと自分の中でどのようなことをメインにして仕事を続けていきたいのかということを自覚しておくと良いでしょう。そうすることによって安心して続けることができるようになります。最初に就職したところが必ずしもずっと良い所であり続けるのかと言うと当然ながらそんなことはありませんので、あくまで転職なども含めて検討するようにしましょう。スキルを求めて仕事を探すのもよいことです。

出会いダイアリー

2019年4月24日

友達と一緒に出掛けた婚活

私は、一人で婚活をする勇気が無く、友達と一緒に婚活をすることにしました。

友達と日程を合わせて、気になる婚活パーティーを見つけ、一緒に行くことにしました。

友達と一緒の婚活パーティーは心強いです。
場所を一人で間違えたりすることも無いですし、開始時間まで会場に早くについてしまっても、二人で話ながら緊張をほぐすことが出来ます。

なのですが、婚活という点においては、友達と一緒に行くことで甘えが出てしまい、失敗だったなと思いました。

というのも、折角婚活パーティーに参加したのですが、あまり気になる人が居らず、最後のマッチングカードを白紙で出してしまいました。

友達も同じように白紙で出し、二人で一緒に帰ることになりました。

もしも、一人で参加をしていたら、気になる人が居なくても誰かの番号を書いていたかもしれません。
そこから、何か出会いがあったかもしれません。

今度は、勇気を出して一人で参加してみようかなと思います。

出会いダイアリー

2019年4月10日

自分自身で出会いの場を作る

社会人になってくると学生時代と違って男女の出会いの場が少なくなってきます。出会いを自然に作っていくのではなく自分自身で積極的に求めていくことが必要になってきます。ではどのような出会いの方法があるのか考えてみたいと思います。はっきり言って無理をした出会いの仕方では長続きしないと思います。例えばより自然に出会ってそこから付き合いを続けていこうと思えば仕事よりも趣味が共通であることや、家族や友人関係で何かつながりがあることがポイントになってくると思われます。
もちろん、自分自身で積極的に出会いを作るためであればお見合いや合コンも重要なポイントになってくるでしょう。しかしながらこのような出会いにおいてはお互いに出会いを求めていると言う大前提が重要になってきます。ニーズがなければ仮にマッチした相手であっても発展に結びつかないことがあるからです。

出会いダイアリー

2019年4月3日

同期5人と久しぶりに集まって

この前久しぶりに大学の同期と集まって食事をすることになりました。大学では皆同じ学部で4年間いつも一緒にいたメンバーで、卒業旅行も5人全員でハワイに行った仲です。就職してからも出来るだけ集まっていましたが最近は結婚する子がいたり子どもを産む子がいたりと30代にもなるとさすがに全員集合というのも難しいものです。5人揃って顔を合わせるのは約3年ぶりで、しかも子どももいない大人だけの集まりでお酒も飲めて本当に楽しかったです。私ともう一人の独身組はとにかく3人の結婚生活や子育ての話を聞くとこうも生活が違うのかと驚くばかりでした。仕事にばかりかまけて、そのうち良いご縁があればなどとのんびりしていた自分が情けなくなりました。もう一人の独身友人も最近婚活を始めたとのことで、色々と話を聞けて参考になりました。私もそろそろ真剣に将来について考えなければと思っています。

ビジネスダイアリー

2019年4月2日

タクシードライバーへの転職をサポートするサイト

月収が45万円以上、年収が600万円以上、このような条件の求人があったら、是非ともやってみたい、そのような気持ちになるのではないでしょうか。これは大手の企業ではなく、実はタクシードライバー求人という実に身近なところにあります。

もちろんいきなりここまで稼ぐことはできませんが、多くの場合、数年でこのレベルに到達してしまうのであり、とても働き甲斐を感じることができる仕事なのは確かです。

ですからタクシードライバーへ転職する人たちが増えてきており、そうした転職をサポートする転職サイトもあります。無料で相談をしてくれたり、稼ぎやすい求人を紹介してくれるので、あれこれと悩まずに、スムーズな転職の道が開けてきます。祝い金や保障のこと、そして必ず取得したい休みのことなど、気がかりな部分を何でも相談することができます。そうした転職サイトのサポートは実にありがたく助けになってくれます。

ビジネスダイアリー

2019年4月1日

ハイヤーは割と仕事としてはやりやすい

ハイヤーというのは確かに色々な業者がいるのですが実はそこそこ大手というのは決まっていてそういうところに転職するというのも良いでしょう。やっていることはタクシーの運転手のようなことではあるのですが自分でお客を探すために街の中を流すということがないです。あくまで営業所に待機していて依頼があれば行くというような形になりますのでハイヤーの運転手というのは個人行動をしているというわけではないのでその点がタクシーの運転手と大分違うことになります。給料ですが殆どの場合、固定給になります。何故かといいますとタクシーと違って個人的に営業のように外回りをすることができるわけではないからです。つまりは、あくまで仕事自体は会社がとってきてくれることになりますから、ある意味ではとても楽であるといえるでしょう。それこそが有難いことになります。