Mのハッピーダイアリー - 幸せな毎日をつづります!

出会いダイアリー

2019年2月3日

出会い系サイトを使えばリアルに出会える

日常的に出会い系を使っています。出会い系はアプリ専門ですが、重たい出会いを求めるよりも、その場のノリで遊べるような人の出会いを求めています。
これまでアプリを使って実際に対面できたのは、6人です。
出会い系アプリを使う様になってから、1年と3ヶ月なので、まぁまぁの勝率ではないかと思っています。

一回切りの関係で終わった人もいますが、そのまま、まじ交際に発展した人も1人いました。
年齢層も幅広くて、6歳下から上は一回り以上の人もいました。
とりあえずお酒が好きなので、飲み友として出会いを求めて、その後は雰囲気次第という感じなので、最初からあまり飛ばし過ぎないところが良い勝率に繋がっているのかなと思っています。

変わったところでは、相手から完全に割り切った大人の関係を求めていると、カミングアウトされた時は密かに嬉しかったですね。

出会いダイアリー

2019年1月31日

お金を使わないで男女が出会うヒント

以前は有料の出会えるサイトやサービスがありました。男女はそういったサービスで出会っていた時代があります。今は直ぐに男女が恋愛できる環境があります。具体的には出会いをサポートする最新のサービスがあります。
例えば今はアプリやサイトなどに無料で登録できます。それでいきなり男女が出会える環境が得られます。無料なので気軽に登録してもデメリットがないのです。
また個人的に彼女が欲しい場合は相手を絞れば良いのです。プロフィールなどもはっきり書かれているサイトが多いです。場合によっては画像もあって恋愛の判断ができます。
このように無料で恋愛相手を探せるので便利です。オススメはメールやチャットなどを個人的に極めておくことです。顔が見えないやり取りではそうしたスキルが結果に関わります。
基本的には積極的に動けば恋愛相手も見つかります。恋愛ができると楽しいので手段は豊富だと良いです。

健康ダイアリー

2019年1月4日

CTがある病院は診断がつきやすい

内科を受診するときに、その病院で診断をつけてもらうことができる場合とそうでない場合がありますね。そうでない場合は、どこかを紹介されることになるでしょう。その時、一度で直ぐに診断をつけてもらうことができると早期に安心することができます。

診断をつけるときに役立つのは、なんといってもCTスキャンです。しかしその機器は、小さいところでは備えているところが少ないです。そのため、CTを受けることにより簡単に診断を付けることが出来るけどないので、それがある病院へ紹介されることも。

そんな時、新宿の病院の中にCSスキャンを設置しているところがあります。それはとても助かりますね。一回の受診で済むと思うと、そちらのほうがずっと楽だし効率的と思うことができます。設備が整った、そんな病院やクリニックを選択しましょう。こちらの新宿の内科の口コミサイトでもたくさん掲載されていますのでぜひチェックしてみて下さい。

健康ダイアリー

2018年12月27日

内科を受診するといろいろな病気がわかる

なんとなく体調が悪いときに、新宿で内科のある病院を受診することがあります。その時、多くの人は内科を受診することが多くなるでしょう。それはなんと言っても、内科というのはとても受診をしやすいところだからです。そこを受診することにより、だいたいの場合は診断をつけてもらうことができますね。

もしも診断をつけてもらうことができない場合でも、紹介などをしてもらうことができるので安心して受診できます。

そんな時、皮膚に炎症が起きたときも、内科を受診することがあります。もともとそこにかかっている人の場合は、元の疾患が原因であることもあるのでそこに行くことが一番ですね。元の疾患とそれに伴う症状を一緒に見てもらえるのです。

しかも内服薬なども処方してもらうことができるので、その点でも利用することをおすすめします。色々と使える内科は、本当に便利です。

健康ダイアリー

2018年12月18日

ニキビ専門の病院がおすすめ

ニキビが出来た時に受診をしたいのは、なんと言っても皮膚科です。それは肌のことなので、皮膚科にいくと治すことができます。しかしその時、どこの皮膚科でもいいということはありません。病院というのは、その専門と言っても得意な分野があるということです、それは、その専門の医師がいることにより受けることができます。

クリニックや病院を受診するときには、そのことを意識したいですね。ニキビが出来た時には、ニキビの専門の医師がいる病院が一番です。その病院を知りたいと思うときには、インターネットで調べるとすぐにわかります。

そのホームページを見て、ここなら専門に見てもらうことができると思える、そんな病院を選択しましょう。肌のことなので、やっぱり専門的に見てもらえるところが一番ですね。それならキレイに直すことができます。

新宿でもニキビ治療に力を入れている皮膚科のランキングもありますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

ビジネスダイアリー

2018年12月4日

不動産投資で将来への備えを準備

将来、高齢者になった時、収入が全くないのは不安なので、何か準備を行うことは重要だと思い、不動産投資に興味を持つようになりました。色々と不動産会社や金融機関では不動産投資セミナーなど開催しているので、色々と参加するようにしています。

かなり詳しい内容など説明して下さるし、初心者でもじっくりと不動産投資について勉強することができるので満足できます。やはり不動産投資は大きなお金を使うことになるので、不動産の見極めも重要だとわかりました。

今後需要価値があり、伸びていく物件を選ぶことが何より重要なので、駅前など人気が持続できるような不動産を購入することが重要だとわかり、自分なりに工夫して物件探しをおこないました。将来への準備として早い段階から不動産投資を始めた方が良いなと思っていたので、かなり満足できます。

日常ダイアリー

2018年12月3日

未経験からシステムエンジニアに

手に職がつくので長く働くことができます。
システムエンジニアは人気職業です。手に職をつけられるし専門知識を要するため他の会社に行ってもすぐに
システムエンジニアになるためにはおおまかに以下の3つの要素が必要です。
①論理的な思考力
②素直さ
③ ITへの興味
④コミュニケーション能力

①は言うまでもなくシステムエンジニアに1番重要な要素です。感覚でプログラムを組むことはできません。
文系でもシステムエンジニアの人は多いですが、ロジカルな思考能力を持つ人でないと難しい職業かもしれません。
②未経験となると会社に入ってからわからないことだらけです。
わからないことは調べたり出来ないことを聞く素直さが大切です。
③ IT業界は常に勉強が必要な職業です。「興味ないけど仕事だからちゃんとやらないと仕方がない」と割り切って出来るほど簡単な職業ではありません。会社に入ってからも難しい勉強をしなければなりません。
仕事をする前に『情報処理技術者試験』や『 ITパスポート』を受けて本当に自分はIT業界に興味があるのかしっかり見極めましょう。
④は意外かもしれませんが、システムエンジニアは1人でもくもくと作業をする仕事ではありません。
お客さんと擦り合わせた要件から担当者と相談するなどのコミュニケーション力と何か問題が起こればそれを調整する交渉力が必要です。

ビジネスダイアリー

2018年12月2日

専属運転手選びで大事な点は守秘義務

VIPの方は、多忙な仕事を円滑にするために、移動手段をハイヤーを使う方も多いと思います。
数あるハイヤーや専属運転手を提供しているサービスの中で選ぶべきポイントの1つが、守秘義務がしっかりと守られている会社を選ぶ、ということがあげられます。

車の中はプライベートな空間ですので、必然的に会社にとって重要な話をする場面がでてきます。たとえば、携帯電話を使って取引先の方と話す際や、重要な取引先の方を送迎する場合など、仕事についての話をハイヤーでする場面もでてきます。

そうした重要な情報を例え専属運転手が耳にしたとしても、守秘義務に関する教育がしっかりとしている会社を選択すれば、安心をしてプライベートに関する話をハイヤーの中ですることも可能です。

また、運転手を専属運転手として固定することで、その専属運転手の人柄がわかってきますので、安心して任せられる者かどうかも把握することが可能です。

日常ダイアリー

タクシー業務を二年間経験した思い出

私がタクシー業務に携わったのが七年前のことです。当時コールセンター業務の派遣社員だった私は東日本大震災の影響で会社が電話案内業務を自制することになり、結果コールセンター室も整理され派遣の私は会社の継続更新ができずに切られてしまったのです。

こうなったら早く次の仕事を探さなければなりませんが、当時は震災の影響で不況となりなかなか仕事が決まりませんでした。仕事はないものかと求人誌をパラパラめくって目にしたのがタクシードライバーの求人でした。

車が好きで車を所有していた私は、経済的事情で車を数年前に手放して以来、車の運転をしておらず車の運転感覚を取り戻すためにタクシードライバーをやってみようと思い立ったのです。

こうしてタクシー会社に採用となり、一日八時間ほどの業務を行うことになりました。車を運転するのは好きですし、乗車中は上司の目も届かないので精神的にも楽ですし、楽しく仕事をすることができました。

しかしタクシー業務の待遇は厳しいものでした。給与は出来高制でお客さんを乗車させて料金を頂かないと収入にはなりません。駅のタクシー待ちを狙っても他社との競合でお客さんの乗せるまで時間をかけて並ばなければなりません。やっとお客さんを乗せてもワンメーターとか短い距離ばかりです。降ろして駅に戻ってまた長い列に並ばなければなりませんでした。

毎月の平均給与は15万円、ここから社会保険やら年金を引かれると手取りは10万円ちょっと、これでは生きていけないとタクシー業務の傍ら転職活動を行い、二年後に脱出したのです。

ただタクシー業務をしていた当時を振り返ると色んなお客さんを乗せ話しをして自分としては楽しみながら仕事ができました。これで収入が上がれば言うことなしですが、世の中そんなにうまくはいかないですね。

出会いダイアリー

2018年8月18日

夫の代わりになった猫

我が家では最近、猫を飼いだしました。自宅近くに捨てられていた子猫を子供が拾ってきたのです。

私は動物を飼うことは反対でしたが、夫とは離婚を視野に入れた別居中で子供たちにも寂し位思いをさせているのかと思うと、なんだか切なくなり子猫を家族として受け入れることにしました。

子猫を飼いだしてからは、子供たちに笑顔も増えました。動物の癒やしの力は絶大だな、と関心です。

猫は散歩に行かなくても良いのは楽です。犬の場合は雨でも雪でも散歩に行かないといけませんからね。その散歩をする役目は結局は親になります。目に見えて分かります。

しかし、猫は家中をひっかくのが難点ですね。我が家は中古物件で住居年数も結構経っているので気にはしませんが、新居ではなかなか難しいですね。

最近では、子猫も大きくなりました。夫とは未だに別居中ですが、夫の席に猫を座らせています。夫の帰ってくる場所はもうありません。