Mのハッピーダイアリー - 幸せな毎日をつづります!

出会いダイアリー

2019年4月10日

自分自身で出会いの場を作る

社会人になってくると学生時代と違って男女の出会いの場が少なくなってきます。出会いを自然に作っていくのではなく自分自身で積極的に求めていくことが必要になってきます。ではどのような出会いの方法があるのか考えてみたいと思います。はっきり言って無理をした出会いの仕方では長続きしないと思います。例えばより自然に出会ってそこから付き合いを続けていこうと思えば仕事よりも趣味が共通であることや、家族や友人関係で何かつながりがあることがポイントになってくると思われます。
もちろん、自分自身で積極的に出会いを作るためであればお見合いや合コンも重要なポイントになってくるでしょう。しかしながらこのような出会いにおいてはお互いに出会いを求めていると言う大前提が重要になってきます。ニーズがなければ仮にマッチした相手であっても発展に結びつかないことがあるからです。

出会いダイアリー

2019年4月3日

同期5人と久しぶりに集まって

この前久しぶりに大学の同期と集まって食事をすることになりました。大学では皆同じ学部で4年間いつも一緒にいたメンバーで、卒業旅行も5人全員でハワイに行った仲です。就職してからも出来るだけ集まっていましたが最近は結婚する子がいたり子どもを産む子がいたりと30代にもなるとさすがに全員集合というのも難しいものです。5人揃って顔を合わせるのは約3年ぶりで、しかも子どももいない大人だけの集まりでお酒も飲めて本当に楽しかったです。私ともう一人の独身組はとにかく3人の結婚生活や子育ての話を聞くとこうも生活が違うのかと驚くばかりでした。仕事にばかりかまけて、そのうち良いご縁があればなどとのんびりしていた自分が情けなくなりました。もう一人の独身友人も最近婚活を始めたとのことで、色々と話を聞けて参考になりました。私もそろそろ真剣に将来について考えなければと思っています。

ビジネスダイアリー

2019年4月2日

タクシードライバーへの転職をサポートするサイト

月収が45万円以上、年収が600万円以上、このような条件の求人があったら、是非ともやってみたい、そのような気持ちになるのではないでしょうか。これは大手の企業ではなく、実はタクシードライバー求人という実に身近なところにあります。

もちろんいきなりここまで稼ぐことはできませんが、多くの場合、数年でこのレベルに到達してしまうのであり、とても働き甲斐を感じることができる仕事なのは確かです。

ですからタクシードライバーへ転職する人たちが増えてきており、そうした転職をサポートする転職サイトもあります。無料で相談をしてくれたり、稼ぎやすい求人を紹介してくれるので、あれこれと悩まずに、スムーズな転職の道が開けてきます。祝い金や保障のこと、そして必ず取得したい休みのことなど、気がかりな部分を何でも相談することができます。そうした転職サイトのサポートは実にありがたく助けになってくれます。

ビジネスダイアリー

2019年4月1日

ハイヤーは割と仕事としてはやりやすい

ハイヤーというのは確かに色々な業者がいるのですが実はそこそこ大手というのは決まっていてそういうところに転職するというのも良いでしょう。やっていることはタクシーの運転手のようなことではあるのですが自分でお客を探すために街の中を流すということがないです。あくまで営業所に待機していて依頼があれば行くというような形になりますのでハイヤーの運転手というのは個人行動をしているというわけではないのでその点がタクシーの運転手と大分違うことになります。給料ですが殆どの場合、固定給になります。何故かといいますとタクシーと違って個人的に営業のように外回りをすることができるわけではないからです。つまりは、あくまで仕事自体は会社がとってきてくれることになりますから、ある意味ではとても楽であるといえるでしょう。それこそが有難いことになります。

日常ダイアリー

旅行に行きたいと思うけど

旅行に行きたいな、と常々思っているのですが中々チャンスがないです。
できたら国外旅行とかもしてみたいと思うんですけど、言語面のコミュニケーションの不安がすごくてそれも中々踏み出せないな、と思いますね。でもテレビの旅番組とか見てるとタレントさんが現地のタクシードライバーの人とか、商店街の人とかと仲良くなっててスゴイ面白いなあと思ってちょっと憧れますよね。
旅行先の楽しみってやっぱり食事とか風景とかもすごく大切だとは思うんですけど、人とのコミュニケーションとかも魅力なんじゃないかなと思います。自分の住んでいる場所では知りえない文化だとか、それによって形成されていった人となりであるとかそういうモノを知っていくっていうのが非常に魅力なんだと考えていますね。
だからこそ、簡単な会話ができるくらいの英語力が実は必要な気がしてきました。ちょっと勉強しなきゃですね。

出会いダイアリー

2019年3月6日

40男の婚活。成功のための身だしなみの基本。

あなたのライバルは、20代~30代前半男性です。
年下の女性を希望し婚活するなら、この年代と勝負しなければなりません。

彼らに勝つためには、自分自身を客観的に分析し、プロデュースしていかないと勝てません。

彼らにはない、真似できない魅力を出していきましょう。

ファッション、ヘアスタイル、ライフスタイル、話し方や表情など、若い男性には出せない魅力がたくさんあります。
まず、あなた自身が自分の魅力に気がつきましょう。

けっして張り合わず、清潔感をだし、スタイルを保ち肌、眉毛、髪型、体臭などチェックし習慣化しましょう。
ファッションはシンプルに、落ち着いたの色合いのものを、ジャストサイズで着こなすと大人な感じで
素敵です。
素材、色はシンプルでも多少高価なものを選びましょう。大人の経済力として。

自分と同年代のタレントさんを目標に真似するのもよい方法です。

若造りにならず、若々しくをめざし自分を代えて婚活を成功させましょう。

 

ビジネスダイアリー

2019年3月1日

自宅や土地の売却は出来るだけ多くの業者から査定を

自宅の住み替えに伴い、土地ごと元の住宅を売却し新たな土地や住宅への資金に充てたい…そう考えている人も多い事でしょう。
これら不動産売却を依頼する不動産業者として、大手と個人経営の2通りが考えられますが、それぞれに持ち味があり、最終的にはより良い対応と提案をしてくれた業者に決めるのがベストとなります。
大手不動産業者は、土地や住宅の転売先を全国規模のネットワークから募る事が出来るという広範な営業力が大きな魅力。一方個人経営は地元エリアのコネクションに長けており、いずれの場合でも確実にニーズを掴み、高額での売却を実現させてくれるのです。
いずれにせよ、お店や担当者との相性もありますから、土地や住宅の売却を決めたら、近郊にある目ぼしい不動産業者は全て巡り、査定を行って貰うのが一番。
今なら一括査定可能なサイトもありますから、普段忙しい場合は積極的に活用してみるのも良いでしょう。

日常ダイアリー

父の決断にびっくりしました

先日、父が電話をかけてきました。普段は滅多に電話なんてしてくることがなかったので、正直驚きました。電話で父が言うには、父が住んでいる実家の近くに、かなりお手頃の値段で購入できるマンションがあり、それを不動産投資目的で買う予定である、ということでした。

なんでも、父の知り合いの不動産屋が、あのマンションはこれから絶対に価値が上がるから、資金がもしあるのであれば、今すぐにでも買ったほうが良い、と、アドバイスしてくれたと言うのです。私は何と言っていいのか、わかりませんでした。ただ、とても慎重な性格の父が行動を起こすということは、父なりにその不動産投資をするべきだ、と、なんだかの確証を得たんだろう、と思いました。

しかも、資金もたっぷりあるということで、こうなっては私がどうこう言う立場でもなく、あとは父の投資の成功を祈るだけです。どんな展開になるのか、正直楽しみです。

ビジネスダイアリー

2019年2月27日

意外と知らない【身近な太陽光電池付き電卓の起源について】

小学生の頃、衝撃だったのは自分が使っていた電卓が太陽の光で動いていたことでした。

そんな太陽電池ですが、発明されたのはいつ頃なのでしょうか。

太陽電池は1954年にアメリカで発明されたのが最初です。その太陽電池を使って太陽電池式電卓を開発したのは、なんと「シャープ」でした。

今では100円ショップにも売っている太陽電池搭載の電卓ですが、1976年当時の価格は2万4800円と大変高価な物でした。太陽電池付き電卓「EL-8026」は、その後の住宅太陽光発電システムなどのソーラーシステム事業へと発展していきました。今の太陽光発電の技術が進歩してきたのも、シャープの世界初太陽電池付き電卓のお陰なんですね。

このように、今では身近に溢れていた太陽電池付き電卓も、日本の技術があったからこそ普及してきたのですね。私たちの身の回りにも、電卓以外に太陽光発電の製品が溢れております。これを気に、太陽光発電についてアンテナを張ってみるの良いのではないでしょうか。

 

 

出会いダイアリー

2019年2月21日

ほどほどに出会いを求めていく

出会いというのは、求めているときには、そのチャンスがないけど、求めていないときに、そうしたチャンスが巡ってくる、そう感じる人たちは少なくありません。

なんだか効率が悪いようにも思えますが、異性と出会いたくて、出会いアプリやサイトを駆使して一生懸命に探しても、出会いまでいかない、なにも進展しないのに、そうしたサーチを全くしていないときに、ふと異性と出会ったりということがあるのです。

それで出会いというのは、急いで焦ってもなかなか思うようにいかないものであり、むしろ平常心で、毎日のルーティーンをこなしていると、ふとチャンスが巡ってくるものなのかもしれません。とはいえ、なにもしないというのは、やや怠慢のように思えますし、周囲の人たちも、なにかしないとせかされるかもしれませんので、ほどほどに出会いアプリや出会いサイトで異性探しができるでしょう。