Mのハッピーダイアリー - 幸せな毎日をつづります!

ビジネスダイアリー

2019年6月26日

代行業者を利用して就労ビザ取得をすることのメリット

就業ビザというのは、日本で90日間以上滞在し、働く人たちのために発給されるビザのことであり、外国人の場合、基本的にはこの就労ビザを持っているので、日本で仕事ができるのです。

そしてその就労ビザを申請するためには、在留カードを持っている必要があり、誰でも希望する人が就労ビザを取得できるわけではありません。日本企業は、外国人を雇いたいと思う場合に、こうした就労ビザを手助けする必要に迫られるわけですが、その際には代行業者に依頼して、それらをすべて代行してもらうことができます。

そのメリットとしては、まず代行業者を利用すれば、それに時間を取られることがなくなり、通常業務に集中することができます。

さらにサポートが充実しており、ビザ発給以外での日本で生活するにあたり、必要になる携帯電話の契約や在留カードの登録などのサポートを受けられることなどのメリットを活用できます。

Sorry, the comment form is closed at this time.