Mのハッピーダイアリー - 幸せな毎日をつづります!

Archive for the ‘ビジネスダイアリー’ Category

ビジネスダイアリー

2019年4月2日

タクシードライバーへの転職をサポートするサイト

月収が45万円以上、年収が600万円以上、このような条件の求人があったら、是非ともやってみたい、そのような気持ちになるのではないでしょうか。これは大手の企業ではなく、実はタクシードライバー求人という実に身近なところにあります。

もちろんいきなりここまで稼ぐことはできませんが、多くの場合、数年でこのレベルに到達してしまうのであり、とても働き甲斐を感じることができる仕事なのは確かです。

ですからタクシードライバーへ転職する人たちが増えてきており、そうした転職をサポートする転職サイトもあります。無料で相談をしてくれたり、稼ぎやすい求人を紹介してくれるので、あれこれと悩まずに、スムーズな転職の道が開けてきます。祝い金や保障のこと、そして必ず取得したい休みのことなど、気がかりな部分を何でも相談することができます。そうした転職サイトのサポートは実にありがたく助けになってくれます。

ビジネスダイアリー

2019年4月1日

ハイヤーは割と仕事としてはやりやすい

ハイヤーというのは確かに色々な業者がいるのですが実はそこそこ大手というのは決まっていてそういうところに転職するというのも良いでしょう。やっていることはタクシーの運転手のようなことではあるのですが自分でお客を探すために街の中を流すということがないです。あくまで営業所に待機していて依頼があれば行くというような形になりますのでハイヤーの運転手というのは個人行動をしているというわけではないのでその点がタクシーの運転手と大分違うことになります。給料ですが殆どの場合、固定給になります。何故かといいますとタクシーと違って個人的に営業のように外回りをすることができるわけではないからです。つまりは、あくまで仕事自体は会社がとってきてくれることになりますから、ある意味ではとても楽であるといえるでしょう。それこそが有難いことになります。

ビジネスダイアリー

2019年3月1日

自宅や土地の売却は出来るだけ多くの業者から査定を

自宅の住み替えに伴い、土地ごと元の住宅を売却し新たな土地や住宅への資金に充てたい…そう考えている人も多い事でしょう。
これら不動産売却を依頼する不動産業者として、大手と個人経営の2通りが考えられますが、それぞれに持ち味があり、最終的にはより良い対応と提案をしてくれた業者に決めるのがベストとなります。
大手不動産業者は、土地や住宅の転売先を全国規模のネットワークから募る事が出来るという広範な営業力が大きな魅力。一方個人経営は地元エリアのコネクションに長けており、いずれの場合でも確実にニーズを掴み、高額での売却を実現させてくれるのです。
いずれにせよ、お店や担当者との相性もありますから、土地や住宅の売却を決めたら、近郊にある目ぼしい不動産業者は全て巡り、査定を行って貰うのが一番。
今なら一括査定可能なサイトもありますから、普段忙しい場合は積極的に活用してみるのも良いでしょう。

ビジネスダイアリー

2019年2月27日

意外と知らない【身近な太陽光電池付き電卓の起源について】

小学生の頃、衝撃だったのは自分が使っていた電卓が太陽の光で動いていたことでした。

そんな太陽電池ですが、発明されたのはいつ頃なのでしょうか。

太陽電池は1954年にアメリカで発明されたのが最初です。その太陽電池を使って太陽電池式電卓を開発したのは、なんと「シャープ」でした。

今では100円ショップにも売っている太陽電池搭載の電卓ですが、1976年当時の価格は2万4800円と大変高価な物でした。太陽電池付き電卓「EL-8026」は、その後の住宅太陽光発電システムなどのソーラーシステム事業へと発展していきました。今の太陽光発電の技術が進歩してきたのも、シャープの世界初太陽電池付き電卓のお陰なんですね。

このように、今では身近に溢れていた太陽電池付き電卓も、日本の技術があったからこそ普及してきたのですね。私たちの身の回りにも、電卓以外に太陽光発電の製品が溢れております。これを気に、太陽光発電についてアンテナを張ってみるの良いのではないでしょうか。

 

 

ビジネスダイアリー

2019年2月20日

ファクタリングサービスを活用すること

ファクタリングサービスというものをしっかりと利用することによって中小企業などはは資金繰りなどに関してそれなりに上手くやっていくということができるようになります。これはどのようなサービスであるのかと言いますと簡単に言えば売掛債権を買い取ってくれるということになります。

ですから、借金をするというわけではない形で資金調達ができるということになりますのでバランスシートを汚すことがないという利点もあります。

そういうところが魅力的なサービスであるわけですがやはり結構な割引率となってしまうこともありますのでその点も考慮して利用するかどうかを考えるようにしましょう。実際問題として使うべきであるのかどうかというのはその状況によってだいぶ違ってくることになるといえるからです。本当に資金が必要なときに、ということが大原則となるでしょう。

ビジネスダイアリー

2019年2月16日

タクシーを必要としてくれる人のために

タクシードライバーさんはそれぞれ仕事のやり方が違いますよね。食事を摂るタイミングも休憩するタイミングもそれぞれ違います。それぞれが個人事業主のような感じでタクシーという自分の城を持っています。

人に使われることが苦手な人や自由を愛する性格の人がタクシードライバーには目立ちますね。自分の個性を活かせる仕事だから、個性的だとよく言われる人も臆することなくこの仕事に挑戦してみると良いと思います。

昔のような好景気ではないからタクシーの仕事が儲かるのか分かりません。だけど仕事って長く続ければ良いことがあるもの。不景気でタクシーの需要も昔ほどではなくなったけどタクシーが無ければ生活できない人はいるんです。

タクシーを必要としてくれる人がいる限りタクシードライバーの仕事は無くなりません。いろんな性格の人が集まって良い職業のひとつです。

ビジネスダイアリー

2019年2月13日

プログラミングの可能性は無限大に広がる

未経験から月50万円を稼ぐようになった人とか、そんな話がネット上に出ていることがありますが、そのような経験をしてみたいと思う人は少なくありません。ではその人はどのようにしてそこまで稼げるようになったのか、それはプログラミングをするようになったからです。

実は政府もこのプログラミングには力を入れており、小学生にもこうしたスキルを習得させるためのカリキュラムを組み込む取り組みがなされています。プログラミングができると、いったいなにができるのでしょうか。

それは多くの人たちが毎日使うアプリを作ることも、また気晴らしのゲームを作ることができてしまうのです。つまり自分の作ったそのようなものが大ヒットするかもしれないという夢のようなことが実現するかもしれないのです。また単純作業を自動化することができることで、より効率的になります。プログラミングの可能性は無限大に広がっています。

ビジネスダイアリー

2019年2月2日

お話好きの運転手さん〜運転手はつらいよ〜

先日私は終電を逃して朝4時にタクシーに乗車しました。乗車時間はおおよそ30分です。出会ったのは50から60代のお話好きの運転手さんでした。「どこまで行きますか?」と聞かれ駅名を答えました。

「すぐに行けますか?」と質問すると半分笑いながら「いけますよ笑」。それはそうです。この人はタクシーの運転手さんです。自宅から30分圏内の地理くらい知っています。私はその半笑いをされたことで、この人はとても自信家でプライドが高そうだと感じました。道中運転手さんはタクシー運転手の苦労話を次から次へと披露してくれました。

「お金払わないで逃げちゃうやつ!むかつくよー!」「地理の試験は駅を覚えることが重要なんだ!」「タクシーが夜中少ない理由を知ってる?」そろそろ自宅付近の駅に到着しようとした時の最後の話は「エコノミー症候群って知ってる?」私は「あの座りっぱなしは身体に悪いみたいなやつですか?」と答えました。すると運転手さんは「この仕事はずーっと座りっぱなしだろ?女にモテないんだよ。ずっと座りっぱなしだから元気でないんだよ!」最後に投下してきたのは下ネタでした。タクシーの運転手さんの苦労話をきいて同情してしまいました。そしてまたタクシーを利用しようと思いました。

ビジネスダイアリー

2018年12月4日

不動産投資で将来への備えを準備

将来、高齢者になった時、収入が全くないのは不安なので、何か準備を行うことは重要だと思い、不動産投資に興味を持つようになりました。色々と不動産会社や金融機関では不動産投資セミナーなど開催しているので、色々と参加するようにしています。

かなり詳しい内容など説明して下さるし、初心者でもじっくりと不動産投資について勉強することができるので満足できます。やはり不動産投資は大きなお金を使うことになるので、不動産の見極めも重要だとわかりました。

今後需要価値があり、伸びていく物件を選ぶことが何より重要なので、駅前など人気が持続できるような不動産を購入することが重要だとわかり、自分なりに工夫して物件探しをおこないました。将来への準備として早い段階から不動産投資を始めた方が良いなと思っていたので、かなり満足できます。

ビジネスダイアリー

2018年12月2日

専属運転手選びで大事な点は守秘義務

VIPの方は、多忙な仕事を円滑にするために、移動手段をハイヤーを使う方も多いと思います。
数あるハイヤーや専属運転手を提供しているサービスの中で選ぶべきポイントの1つが、守秘義務がしっかりと守られている会社を選ぶ、ということがあげられます。

車の中はプライベートな空間ですので、必然的に会社にとって重要な話をする場面がでてきます。たとえば、携帯電話を使って取引先の方と話す際や、重要な取引先の方を送迎する場合など、仕事についての話をハイヤーでする場面もでてきます。

そうした重要な情報を例え専属運転手が耳にしたとしても、守秘義務に関する教育がしっかりとしている会社を選択すれば、安心をしてプライベートに関する話をハイヤーの中ですることも可能です。

また、運転手を専属運転手として固定することで、その専属運転手の人柄がわかってきますので、安心して任せられる者かどうかも把握することが可能です。