Mのハッピーダイアリー - 幸せな毎日をつづります!

Archive for the ‘日常ダイアリー’ Category

日常ダイアリー

2018年1月30日

親友の家が大きくてびっくり!武蔵村山市の新築の家

武蔵村山市に遊びに来ました。親友が武蔵村山市 新築の家を買ったので、新築祝いを渡したくて来たんです。親友の家は想像していたよりもすごく大きいのでびっくりですね。周りの家よりも大きく見えたので「豪邸だね」と言ったら、親友は「豪邸は言い過ぎだよ」と笑っていました。

 

新築のお祝いですが現金か品物かとても迷った結果、オシャレな時計にしました。友人はシンプルものが昔から好きなのでシンプルでオシャレな時計を選びました。親友の家にすごくお似合いの時計を選ぶことができてほっとしましたね。

 

私は賃貸派なのですが、親友の家がとても素敵だったので将来私も一戸建てが欲しいなと思いました。すっかり影響されてしまいました。帰ってきてから婚約者にこの話をすると、私たちも結婚したら武蔵村山市の新築の家を購入しようかと言われました。婚約者も一戸建てが理想らしいです。

日常ダイアリー

2018年1月18日

ステータスを味わうなら、ゴールドカードよりもプラチナカード

ゴールドカードのメリットとしては、カードに付帯の旅行保険やショッピング保険が充実している、空港のラウンジが利用できる、ポイント還元率が高い、万一紛失した時は無料で再発行してもらえる、といったことが挙げられます。一方で、デメリットは、年会費が高いこと。通常のクレジットカードが1000~2000円程度なのに対し、1~2万円の年会費がかかります。ポイント還元率が少しくらい高くても割が合わないと考えたり、海外に行くこともないし、飛行機にも滅多に乗らないという人は、ゴールドカードを持とうとは思わないでしょう。また、持とうとしても審査に通るとは限りません。ゴールドカードの最大のメリットは、ステータス感なのです。

ひと頃は、ゴールドカードは審査に厳しいことでも知られていました。支払いの時にゴールドカードを出すと、年収も社会的地位も高く、厳しい審査に通った人、という尊敬の視線を集めたものです。ところが、クレジットカードの普及率が高まるにつれて、ゴールドカードの地位も下がり、今では年会費を払えば比較的簡単に持てるようになってきました。現在、ステータスとなるクレジットカードはプラチナカードに移行しているようです。

日常ダイアリー

2017年12月22日

武蔵村山市の新築を購入し、人間らしい豊かな暮らしを

武蔵村山市は武蔵野台地の西側にあります。東は東大和市、西は西多摩郡瑞穂町、福生市、南は立川市、北は埼玉県の所沢市と隣接しています。自然が豊かでありながら、路線バスを中心とした交通網が発達している武蔵村山市内は、東京都内で活躍する会社員のみなさんのベッドタウンとして人気があり、市内の人口も右肩上がりで増えています。

将来的には多摩都市モノレールが武蔵村山市内まで開通する計画もありますので、実現が期待されます。現在は西武拝島線の玉川上水駅や武蔵砂川駅などが最寄駅となっています。武蔵村山市 新築住宅を購入すると、自然豊かな環境でお子様をのびのびと育てることができます。ご主人は昼間は都内の企業でバリバリ働き、夜と週末は、癒しの空間である武蔵村山の新居で、のびのびと過ごすことができます。経済的にも豊かで人間らしい生活を手に入れることができそうです。

日常ダイアリー

2017年12月1日

クレジットカードのランクについて

学生時代はクレジットカードを所有することそのものがステータスだと考えていましたが社会人になって今の時代、何枚でもクレジットカードを持っていることが当たり前になっています。そんな中でどんなクレジットカードがかっこいいかと問われるとなんといってもランクの高いブラックカードだと思います。通常の額面ではなくシルバーカードやゴールドカードでもそれなりにステータスはあるのですがブラックカードとなれば実際にお店で差し出す時でも自分自身に優越感を持つことができますし実際の利用に関しても1年に何度かのプレミアが付いてくるので非常にお得になります。もちろん、年会費もかかりますし年間利用料も相当な金額が必要になりますので見栄を張るためだけに所有することが難しいのが実態です。

しかしながら自分自身の年齢や収入に応じてブラックカードを持つことがふさわしいと考えるのであれば迷わず所有すべきだと個人的には考えています。それだけ周囲から見たときにステータスとかっこよさは伝わるはずですから。

 

日常ダイアリー

2017年11月26日

ワンストップ特例申請はお早めに!

2016年からスタートした「ワンストップ特例申請制度」により、サラリーマンにとってもふるさと納税は非常に身近になりました。5自治体までなら、確定申告ナシでふるさと納税が出来るというこの仕組み。是非有効に利用したいですよね。

 

でも、この制度は「翌年の1月10日までに書類必着」という鉄の掟があります。この期限を過ぎてしまうと、面倒な確定申告をやらざるを得ません。サラリーマンにはなかなか縁のない確定申告。しかも平日に休みを取って行わなければいけません。それだけの手間をかけるなら、確実にワンストップ特例申請制度を活用したいところです。

 

そのために、納税→書類送付までのスケジュールをしっかり考えましょう。ふるさと納税いつまでに申し込むかによって、自治体が「ワンストップ特例申請書」を送付してくれない場合もあります。でも、ご安心下さい。総務省のホームページやふるさと納税サイトのページ内で、申請書ダウンロードが可能です。同封する書類もサイト内で説明されているので、確認しながら進めれば問題ありません。早めに申し込み、早めに書類送付でおトクにふるさと納税を利用しましょうね。

日常ダイアリー

2017年9月29日

ふるさと納税の締め切りはいつまで?

ふるさと納税とは、自分が応援したいと思う自治体に寄附ができる制度です。そして自治体からはお礼として、その土地ならではの特産物が送られてきます。地方創生に参加できるというのはとても素晴らしいことです。ただ、気をつけなければいけないのは期限が決まっていることです。

ふるさと納税は、個人の住民税や所得税を利用する制度です。そのため、1月1日から12月31日までがその年の利用できる期間となります。実際にふるさと納税いつまで に行えばいいのでしょうか。もちろん年末ぎりぎりでも間に合う場合もあるのですが、自治体によっては早めに申し込みを切り上げる場合もあります。

また、ふるさと納税の申し込みが殺到するのは11月頃であるため、自分が欲しいと思っていたものが在庫切れということにもなりかねません。制度を利用しようと考えている方は、早めの申し込みをお勧めします。

日常ダイアリー

2017年8月24日

iPhone修理画面なら町田市の業者です

iPhoneそのものの機能での不具合はないものの、液晶画面が割れたとか見えにくくなってしまったというトラブルに見舞われると穏やかではありません。見えづらいしイライラしてしまい、使い物にならない、もう駄目だという気持ちにさえなるかもしれません。

修理に高いお金を出すのであれば、新品にしたいという気持ちになるかもしれませんが、それはメーカーに出すと修理必要が高いし時間がかかるのでそうした思いになるのではないでしょうか。実は iPhone液晶交換 町田駅に専門業者があり、スピーディかつ確実にそしてきれいに液晶交換をしてくれるので、以前のようにクリアで見やすい画面にすることができるのです。

あまりにも鮮やかに、そしてまるで新品でもあるかのような輝きを取り戻し、iPhoneライフを楽しみ続けることができるようになります。しかもその修理のための料金は実にリーズナブルなのです。

日常ダイアリー

2017年3月29日

アイパッド買取で少々足を延ばして町田駅まで行ってきました

自分はiPadを古くから持っていたのですが、最近友人からさらに追加でプレゼントとして貰ったので、古い方を買取に出すことにしました。アイパッド買取のお店は結構あると思うのですが、自分が住んでるところだとそこまで高い値段ではなかったので、ちょっと足を延ばして行ける範囲のアイパッド買取 町田市までお買い物ついでに行ってみることにしました。

結構よく行く町田駅なのですが、最近はかなり多くの携帯ショップや買取店が増えた感じがするのはやはり流行っているからなんでしょうね。比較的古い感じのiPadなのですが、まだまだ買取金額は結構高くて比較しても差が出るので、慎重に選んで一番高いお店で買い取ってもらうことにしました。

多少の傷などがついていたので減額となってしまったのですが、しかしそれでも十分な値段だったのでその場で即交渉となり無事に買い取ってもらいました。やはり都心部の方が良いお店が揃っていると思います。

日常ダイアリー

2017年3月9日

古くから別荘地として人気

関東から近く古くから別荘地として人気があるのが軽井沢です。この標高が高いこの場所は古くから別荘地として人気があります。

このため軽井沢追分の不動産も別荘に関連する物件が多い特徴があります。駅から比較的近く交通の便利の良い場所にはたくさんの別荘物件があり、大きさや価格が様々なのものが揃っています。最近では大型の物件になると人気がなくなってしまうので手軽に利用をすることができる価格帯のものが人気があります。

この地域の不動産の特徴として景気の変動を受けやすいというのも大きな特徴です。別荘は投資的な意味で購入をする人が多いため、日本の景気が良くなると価格が上昇をし、景気が悪くなると下落する傾向があります。1990年代のバブルの頃には一気に不動産の価格が上昇をし、その後一気に下落をするというようなこともありました。

日常ダイアリー

2017年3月6日

ETCカードはクレジットカードの付帯カード

ETCカードには、日本高速道路株式会が発行している「ETCコーポレートカード」もありますが、主に企業が利用するカードなので、個人の場合はクレジットカードに付帯して発行されるETCカードを利用している人がほとんどです。申込みには審査がありますが、既に所有しているクレジットカード会社なら、ほぼ問題なく発行されます。

クレジットカード会社が発行するETCカードには、クレジットと一体型のものもありますが、ETC単体カードの方が紛失や置き忘れなどのリスクが少なくて済みます。

ETCカードの年会費は本カードのクレジット会社によって異なります。本カードの年会費が無料でもETCカードには年会費がかかる場合もあります。クレジットカードを新しく申し込んでETCカードも作りたい、あるいは、複数のクレジットカードを既に所有していてどの会社のカードで作ったらいいか迷っているという人は、ETCクレジットカードでスイスイっと.を利用して比較するのがおすすめです。