Mのハッピーダイアリー - 幸せな毎日をつづります!

Archive for 4月, 2014

未分類

2014年4月28日

堅牢性の高いAS/400

アメリカibm社製のAS/400は1988年から使われている息の長いシステムです。
企業でも未だにこのAS/400が現役として使用されていて、その堅牢性は評判が高く、実務に大いに貢献しています。
中でも、リレーショナルデータベースとして広く用いられていて、スピードの早さと信頼性の高さ、利便性の良さが特徴です。

現代のサーバーシステムやクライアントとも親和性が高く、カスタマイズ性にも優れているので、管理やメンテナンスがしやすいです。
最近はWEBアプリケーションのバックボーンとして利用されるケースも増えてきて、時代の流れに即した活用方法が取られるようになってきています。
信頼性の高さからも、今後も企業内の多くのシーンで活躍が期待されます。

健康ダイアリー

2014年4月21日

サイズを気にするようになったきっかけとは

私が付き合っている彼女は今まで私が付き合った中で最も顔が良く、スタイルも抜群なのですが、いまいち相性が合わないような気がするのです。

というのは、夜の行為になったときに私的には最大限にのサービスをしているつもりなのですが、乱れた髪を気にしていたり、綺麗に塗られたマニキュアを何度も見たりするのです。

明らかに私との行為に集中できていないようなのです。そもそも彼女は学生の頃から相当に可愛かったことから、過去には彼氏が途切れなくいたのです。その彼氏と比較している事は間違いなさそうなのです。

私のサイズが小さいのではないか?過去の彼氏よりもサイズを大きく変えて見返してやろうと思い、ペニス大きくする方法をいくつも試すようになりました。

メインとなる増大法は、根元部分を手で掴んで血流量を増大させるトレーニングです。まだ半年程度ですがピーク時のサイズは若干大きくなったような気がするのです。

ビジネスダイアリー

2014年4月19日

連動銘柄でデイトレードを行うのは非常に重要です

連動銘柄とは、一つの銘柄が上がった時に連動して上がる銘柄のことです。どの銘柄が連動するのかは、最初はよくわからないと思いますが、連動銘柄でデイトレードをされている方も多いので、参考にすると良いです。

例えば、同じ業種の場合は一つが上がると連動する可能性も高くなります。携帯電話の新しい開発が進んでいる時など、同じ関連の会社の株価が軒並み上昇しているのを見たこともあります。また、合併を理由とした連動も時々起こります。

ただ、どの銘柄が上がるかは完全には予測不可能です。予測できてしまうと投資として成り立たなくなってしまいますので、自分なりの方法で連動している銘柄を見つけ出すしか方法はありません。色々と試していくうちに見つかると思います。

ビジネスダイアリー

2014年4月15日

転職を考えるようになって登録したのがDODA 

会社の業績が悪くなり、転職の事も真剣に考えなければと思い登録したのがDODAでした。

いろいろな転職サイトがある中で、DODAを選んだ理由は、DODA 口コミを見たからでした。

転職決定人数の規模は国内最大級クラスで、年間1万人以上の転職をサポートする大手転職サイトという事もあり、信頼できると考えたからです。

また、30歳になったばかりの私には、特に若手社会人から中堅、ミドルクラス世代の転職実績において、転職エージェントの中でもトップクラスだというところも登録するポイントになりました。

私が希望する関西方面の求人数も多いと口コミに書いていたのも良かった点です。

たくさんある転職サイトなので、できるだけ失敗のないように登録したいものです。

そのために必要なのは、転職サイトのHPなどで、いろいろと調べるのも大切ですが、実際の利用者の声を聞くことが一番だと思っています。

なので、口コミでいろいろと調べる事ができて、本当に良かったと思っています。

健康ダイアリー

2014年4月10日

手足口病の症状、治療および予防について

手足口病は、手の平、足の裏、口内に水疱が発生するウイルス性疾患で、乳児や幼児によく見られます。 感染経路としては、感染者の咽頭や鼻からの分泌物、便などによる接触感染や飛沫感染が挙げられます。

感染から発症までの潜伏期間は3日から5日程度です。手足口病の症状としては、まず発熱と咽頭痛があり、1日から2日後には口内炎に加え、手の平、足の裏や付け根に痛みを伴う水疱が発生し、この症状は1週間ほど続きます。

手足口病のための特別に有効な薬はなく、熱や痛みを抑える対症療法しかありません。 症状が治まるまで自宅で安静にしたり、熱冷ましで熱を下げたりします。

手足口病に有効なワクチンはなく、手洗いとうがいを徹底することが重要です。

ビジネスダイアリー

2014年4月4日

非破壊検査の自動化の現状

従来の非破壊検査装置は、人による感覚に頼っていた部分があります。
非破壊検査のひとつである超音波検査は、波形に表示されたエコーと呼ばれるギザギザの線を人間が読み取ることによって良品か不良品かを見分けていた。
しかしエコーを読み取る作業は、熟練の感覚を必要とするためにすでに慣れている人の元で数か月以上経験を積むことによってやっと実用レベルになる作業である。

これに対し自動の非破壊検査装置は、検査対象物のなかにある傷がどの程度の位置なのか、どの程度の深さなのかを自動的に検出しコンピューターに記録することで、後で人が見ても一目瞭然にわかるシステムなのです。
現状では、装置が大がかりで高価なこともあり普及していると言えませんが、今後非破壊検査の主流になることでしょう。