Mのハッピーダイアリー - 幸せな毎日をつづります!

Archive for 3月, 2016

出会いダイアリー

2016年3月27日

憧れのレースクイーン

以前、親友がレースクイーンの仕事(アルバイトですが)をしていた事がありました。

私自身もコンパニオンをしていたので、レースクイーンの仕事に憧れを感じてやりたいなと思った事がありました。

しかし、レースクイーンはコンパニオンとは違って、一定の身長がないと駄目だと言う事が分りました。

かなり高いヒールを履いて頑張りたいと思いましたが、みんな身長がある程度高い上にヒールを履くので全然及びません。

実際、私の友人も169センチあったので、11センチも身長が低い私と並ぶと大人と子供のような違いがありました。

憧れのレースクイーンをしている友人の晴れ姿を見にツインリンク茂木まで足を運んだことがありましたが、やはりその姿は絵になりますし、友人ながらとてもかっこいいなと感じた記憶があります。

とうとう私はレークスーンとしての仕事が出来ませんでしたが、違う方面で活躍できたので、良しとしました。

そしてレースクイーンという名前を聞くたびに懐かしいあの頃の記憶が蘇ります。

健康ダイアリー

2016年3月23日

血液サラサラになる漢方の薬

足に血栓ができてしまい、フィルターを埋め込んでからずっと血液をサラサラにする薬を飲んでいる夫ですが、それだけでは私が心配になってきました。

血栓症を発症した原因は遺伝的なものだったようで、防ぎようがありません。

ただ、ずっと血液サラサラの薬の飲用だけでは根本的に解決しないような気がしたので、私がいつも注文している漢方薬のお店の先生に電話で相談してみました。

すると、血液がサラサラになり、血栓もできにくくなる漢方薬があるというので、それを注文することにしました。

もちろん病院でもらう血液サラサラの薬も飲まなくてはいけませんが、同時並行して飲んでも大丈夫なので、あわせて漢方薬も飲んでもらうことにしました。

あくまで気休めかもしれませんが、両方飲用したほうが安心なので、これからも両方の薬を飲んで体調管理してほしいなと思います。

日常ダイアリー

2016年3月14日

今思い出しても馬鹿らしい夫婦喧嘩

夫と結婚して5年以上が経っています。5年以上もあれば、夫婦げんかもたくさんしましたが、今思い出しても、本当に心の底からバカみたいだと思った喧嘩があります。

それは夫が、部署を異動したばかりのときにおこった出来事です。夫が異動した先はかなり忙しい職場で、なかなか休むことができない部署でした。私も一緒に働いたことがあったので、状況はよく分かるのですが、本当に殺伐としていて一人休むだけでもかなり大変になってしまう部署でした。

そんな部署に異動したので私は必死に夫の健康管理をしていたのですが、夫が風邪をこじらしてしまうのです。なんとなく風邪っぽいな、と言っていた時から嫌な予感がしていたのですが、こともあろうに風邪っぽいのに飲み会に行ってしまったのです。案の定飲み会に行った翌日熱が出てしまいました。

そして自分の体調がよくないと分かっていながら飲み会にいってこじらせた夫と、離婚寸前まで夫婦喧嘩をしてしまったのです。今思い出すと何とも馬鹿らしいのですが、当時は本当に腹が立って仕方がありませんでした。

家庭の事情は様々なので、夫婦喧嘩から離婚の危機。友人、家族に相談できない事もあります。

日常ダイアリー

質問癖のある妻にカッカする日々

私の妻は、分からないことがあるとすぐに私に質問してきます。そしてその度にイライラしてしまいます。例えば、先日テレビで女子マラソンを見ていたのですが、「この選手はなんで道路の右側を走ってるの?」とか、「解説の人たちはトイレには行かないのかな?」などと、何でもかんでも聞いてくるのです。

私がイライラしてしまう理由が、自分も知らないからだということは分かってはいるのですが、毎日のように質問攻めにあうと、さすがに怒りたくもなります。私が「知らねーよ、ググれ!」と言うと、「何その言い方!」とケンカになることもしばしばです。私の方も「分からない」と言えば良いのでしょうが、1日に数回もこのようなことがあると怒らずにはいられないのです。

ただ、ケンカをした後は、なるべく早い段階で謝ったりするようにお互い心掛けているせいか、比較的仲直りは早いです。夫婦喧嘩の解決は大切だと思っています。最近読んだ本に、ケンカになる時は、主語が「You」になっていることが多いと書かれてありました。確かに、「おまえさー!」と言う時はケンカをしている時です。主語を「I」にするとケンカになりにくいようなので、これからは主語に気を付けて会話をしたいと思っています。

日常ダイアリー

2016年3月10日

夫が短気ですぐに夫婦喧嘩に・・・

夫婦喧嘩の原因って様々だと思います。うちは本当に些細なことが原因で夫が怒ってしまうので、疲れてしまいます。例えばいつもとお風呂のお湯の温度が違っていたり、食後のビールを持っていくのを忘れたりなどです。こんなことで怒るの?と思うことで怒ります。

付き合っている時から怒りっぽい人だなと思ったのですが、すごく優しいところがあり、その嫌な部分は見ないようにして結婚しました。もっとじっくりと考えて結婚すればよかったなと思います。最初のうちは怒られっぱなしだったのですが、私もムっとして言い返すようになったので、夫婦喧嘩が増えました。

冷静になった時に、夫婦喧嘩はしたくないと夫は言います。夫も自分が短気であることを悩んでいるようです。冷静になるとすごく優しくて思いやりのある人なのですが、すぐにカっとなって怒るので困ります。

夫婦喧嘩から離婚は困るのでなんとかいい関係を築きたいです。

健康ダイアリー

2016年3月9日

フコイダンの様々な効能

昆布やモズクなど海藻類に含まれるヌルヌルの成分には、フコイダンが多く含まれています。海藻のヌメリには、保水力が強いため、失われた水分を取り戻す力が強く、乾燥を防ぎ保湿を促す効果があるとわかっています。

フコイダンには、美肌効果があり肌の老化の原因となる細胞を酸化する作用の活性酸素を除去する効果もあるという研究発表もあり、アンチエイジングに期待が寄せられています。フコイダンは水溶性食物繊維であるため、便秘の解消に効果的であり、腸内では善玉菌を増やし、悪玉菌を抑える効果があることがわかっています。

また美容効果だけでもなく、体重抑制作用・コレステロール低下作用やは抗がん作用もあるといわれており、まだまだ研究段階ではありますが医療の分野においても数々の可能性を秘めた栄養成分であるということは分かってきているようです。

日常ダイアリー

2016年3月8日

不貞行為が原因で夫婦喧嘩をする毎日

夫婦喧嘩が毎日行われるようになったのは、私の不貞行為に原因があります。
参考:不貞行為や離婚を切り出された原因…ホンネが垣間見える夫婦喧嘩

妻はそんな不甲斐ない私をも支えてくれるつもりでいたのに、何度も繰り返してしまって堪忍袋の尾が切れてしまったようです。

別に不貞行為なんていわないだけでも誰でもしてるとは考えてはいるものの、やっぱりばれてしまうのはよくないでしょう。

精神衛生的にも私が犯したミスが原因でこうなってしまったのは当たり前です。

どんなに願っても元通りになれることはないかもしれませんが、せめてもの罪滅ぼしとしてもう不貞行為はやめることにします。

現状、まだ子どもがいないだけでも救いかもしれませんが、妻がこうして私をサポートしてくれる気持ちがあるうちは別れることはできません。

家庭を壊すつもりはなくてほんの遊び半分のつもりでしたが、相手を傷つけてしまったことだけは後悔しています。

日常ダイアリー

離婚は結婚よりも手続きが大変?

離婚というのは、実は結婚する場合よりも、精神的にも、肉体的にも負担がかかるものである、といわれています。

たしかに、結婚をする場合にも、さまざまな手続きが必要ですし、また親や周囲にも報告をしなければならないなど、大変なことは多いです。

しかし、離婚は、それ以上に大変なことが多いと思います。

離婚をするための手続きというのは、なかなか大変なものがありますし、離婚をするためには、さまざまな手段が必要な場合があります。

また、離婚となると、喧嘩になる場合もありますし、双方の両親が混じって、話し合いに発展することもありますので、こういった点でも、精神的に負担は大きいものとなっています。しかし、最近では、離婚するところも多くなっていますので、自分たちの幸せな未来のためには、別れた方が良いケースもあるといえるでしょう。

離婚は女性から切り出すことが比較的多いようですが、離婚を切り出す女性はかなりの覚悟ができている場合が多いです。そこまでに至らないようにお互い気をつけましょう。

出会いダイアリー

2016年3月2日

交際倶楽部は意外と女性におすすめです

水商売や風俗のお仕事を探している方で、自分自身に自信がある、男性をとりこにするのが得意だという方は交際倶楽部という選択肢もあることを知っていただきたいです。

交際倶楽部では男性との出会いをセッティングしてくれます。

入会するには多くの費用が必要なので、当然そこに集まる男性たちは高収入の人たちばかりです。

倶楽部が関わるのはセッティングまでで、その後はどう行動しようと男性とあなたの自由です。

あなたの力量次第で素敵なレストランに連れていってもらったり、お小遣いをもらえたりということになります。

もしあなたが向上心のあるタイプならば、セレブな男性とお付き合いすることで自分のレベルをどんどん上げてゆくことができるので、とても有意義な時間になるかと思います。

また男性たちは入会に際してしっかりと身分確認されているので、安全面を考えても交際倶楽部は女性にはおすすめです。

交際倶楽部の求人は雑誌やインターネットでも出ていますのでぜひチェックしてみましょう。